<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Javascriptが無効のため、一部の機能をご利用いただけません。 Javascriptの設定を有効にしてください。 設定方法はお使いのブラウザのヘルプをご確認ください。 メニュー 商品情報 商品情報TOP おかし・アイス 乳製品 食品・飲料 乳児・幼児用商品 スポーツ栄養 美容・健康 栄養食品・流動食 宅配商品 新商品 ブランドサイト一覧 地図から取扱店舗を探す 明治の宅配サービス 業務用製品 販売終了商品 商品情報 商品情報 おかし・アイス 乳製品 食品・飲料 乳児・幼児用商品 スポーツ栄養 美容・健康 栄養食品・流動食 宅配商品 新商品 ブランドサイト一覧 地図から取扱店舗を探す 明治の宅配サービス 業務用製品 販売終了商品 閉じる CM・キャンペーン CM・キャンペーン CMギャラリー キャンペーン 提供番組一覧 提供番組一覧 閉じる 食を知る・楽しむ 食を知る・楽しむTOP 食育 レシピ 体験・おでかけ 健康・安心 育児・介護 その他 食を知る・楽しむ 食を知る・楽しむ 食育 レシピ 体験・おでかけ 健康・安心 育児・介護 その他 閉じる 品質への取り組み 品質への取り組みTOP 品質へのこだわり 研究開発 品質への取り組み 品質への取り組み 品質へのこだわり 研究開発 閉じる サステナビリティ サステナビリティTOP 健康と安全 環境 人財・人権・社会 原材料調達 メイジのだいじ meiji New Action 明治グループのサステナビリティ コーポレート・ガバナンス ポリシー・宣言 サステナビリティ サステナビリティ 健康と安全 環境 人財・人権・社会 原材料調達 メイジのだいじ meiji New Action 明治グループのサステナビリティ コーポレート・ガバナンス ポリシー・宣言 閉じる お客様サポート お客様サポートTOP お問い合わせ Q&A よくあるご質問 お客様の声を活かしました 明治 赤ちゃん相談室 お客様応対基本方針と行動指針 お問い合わせ応対における個人情報の取扱いについて お客様サポート お客様サポート お問い合わせ Q&A よくあるご質問 お客様の声を活かしました 明治 赤ちゃん相談室 お客様応対基本方針と行動指針 お問い合わせ応対における個人情報の取扱いについて 閉じる 採用情報 企業情報 明治ホールディングス株式会社 Global 閉じる 哺乳ビンに注ぐだけの液体タイプ!安心と安全を考えて、缶につめました。 乳児にとって最良の栄養である母乳を徹底的に研究して生まれたNo.1※『明治ほほえみ』の液体タイプです。哺乳ビンに注いで、そのまま母乳の代わりとしてお使いいただけます。 ※インテージSDI ベビー専門店含む全国全業態、育児用ミルク市場2019年10月~2020年9月メーカーシェア(物量・金額) --> 哺乳ビンに注ぐだけの液体タイプ!月齢に合わせて選べる2つのサイズ展開。 「量が多くて飲みきれないことがある」「残したミルク、外では捨てづらい・・・」ママやパパからそんな声を聞いて、明治ほほえみ らくらくミルクは一新!あらゆる赤ちゃんにちょうどいい、2つの飲みきりサイズになりました。 哺乳ビンに注ぐだけの液体タイプ!安心と安全を考えて、缶につめました。 乳児にとって最良の栄養である母乳を徹底的に研究して生まれたNo.1※『明治ほほえみ』の液体タイプです。哺乳ビンに注いで、そのまま母乳の代わりとしてお使いいただけます。 ※インテージSDI ベビー専門店含む全国全業態、育児用ミルク市場2019年10月~2020年9月メーカーシェア(物量・金額) --> --> らくらくミルク便利な4つのポイント 哺乳ビンに注いでそのまま飲めて便利!アタッチメントがあれば、更に便利! らくらくミルクは、常温のまま哺乳ビンに移してすぐのめるから、おなかを空かせた赤ちゃんを待たせることなく授乳ができます。突然の夜泣きや、外出時にも、すぐにミルクをあげられるので、一度つかったらやめられなくなる必須アイテムです。 アタッチメントの使い方 --> 月齢に合わせて選べる2サイズ展開! らくらくミルクは、120mlと200mlの2つのタイプで、赤ちゃんがミルクを飲む量を研究してつくられました。月齢が小さくても大きくても、飲み足りなかったり、逆に余ってしまったりすることがないようなサイズにしています。 月齢別の飲用量 「明治ほほえみ」の粉・キューブタイプと同等の栄養設計! 乳児にとって最良の栄養である母乳を徹底的に研究して生まれたNo.1※『明治ほほえみ』の液体タイプなので、いつもと変わらず安心して授乳することが可能です。 インテージSRI+ 乳児用ミルク市場 2022年4月~2023年3月累計販売金額 栄養設計 頑丈な缶だから、衛生面でも安心・安全!保存期間も長く、災害時に備えて便利! 明治ほほえみ らくらくミルクは、どんな状況でも中身を守る耐久性の高い缶タイプです。また、製造日より18ヵ月(120mlサイズは12ヵ月)の保存が可能です。 災害時に備えて --> みんなの疑問こたえます Q 温め方を知りたい。 手を清潔にしてください。 缶に汚れや破損がないことを確認してください。 缶をよく振った後、清潔な哺乳瓶やマグカップなどの耐熱容器に移し替えてください。アタッチメントを使用する場合、缶のまま直接の湯煎もできます。 湯煎で温めてください。 湯煎の際は、火にかけたままの湯煎はさけてください。また、ヤケドにご注意ください。 体温くらい(40℃程度)の温度になっていることを確認してから赤ちゃんに与えてください。 【缶のままでの湯煎の注意点】衛生的なお湯を使い、温度が上がりすぎないように十分注意し(体温程度まで)てください。缶のまま湯煎した場合は、直ちに使い切ってください。繰り返しのあたためはしないでください。【やってはいけないあたため方】直火や電子レンジでのあたため 詳しく動画で見るにはこちら Q 保存方法を知りたい。 高温・凍結を避け常温で保存してください。 直射日光のあたるところ、火のそば、夏場の車の中などをさけて保存してください。 Q 飲ませ方は? らくらくミルクは液体ミルクなので、調乳が不要です。お手持ちの哺乳瓶に移し替えていただくか、アタッチメントを付ければ缶のままそのまま授乳いただけます。 詳しくは「らくらくミルクの使い方」を参照 アタッチメントを使う場合は、「らくらくミルクアタッチメントの使い方」を参照 Q 液色が茶色いのですが、大丈夫でしょうか? 充填後に高温殺菌をしているため、液色が茶色となっておりますが、品質上は問題ございません。 Q 開封前の商品の賞味期限はどれくらい? 賞味期限は、製造日から200ml缶は18ヵ月、120ml缶は12ヵ月です。 Q 開封後の余りや飲み残しは次回使用してもいいですか? 開封したらくらくミルクは、開封後すぐ(2時間以内)に使用してください。一度でも赤ちゃんが口を付けたミルクは、赤ちゃんの唾液が逆流し、唾液中の雑菌が繁殖し腐敗しやすいので飲み残しは与えずに必ず処分するようにしてください。口を付けていない場合は缶のまま保存しても問題ありませんが、2時間以内にご使用ください。 Q 常温でも飲めるの? 常温のまま使用できますが、温めることもできます。 Q アタッチメントってどこで買えるの? 全国のドラッグストアやベビー専門店・ECなどで販売しております。また取り扱い中の「はじめから らくらくセット」「選べる らくらくセット」 「続けて らくらくセット」などに付属しております。 Q 明治ほほえみ らくらくミルクはほほえみ(粉・キューブ)と同じものですか? 「明治ほほえみ」の粉・キューブタイプと同等の栄養設計です。 Q 長期保存ができるとのことですが、保存料は含まれていますか? 粉ミルク同様、栄養強化以外の目的での原材料(保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用される食品添加物)は使用していません。 Q 容器にゆがみや凹みがある場合、使用しても大丈夫でしょうか? 容器にゆがみや凹みがないことを確認してください。内容物に凝固・分離・異臭などがある場合は使用しないでください。 商品情報 [内容量]240&#13206; [メーカー希望小売価格]税別215円 [発売予定日]2019年4月26日(金) --> らくらくミルクの使い方 らくらくミルクアタッチメントの使い方 災害時に備えて 商品情報を見る 明治ほほえみシリーズの購入はこちら 徹底した母乳研究 適切な栄養設計 明治ミルクの歴史 らくらくキューブ らくらくキューブの特徴 らくらくキューブの使い方 らくらくミルク らくらくミルクの特徴 らくらくミルクの使い方 らくらくミルクアタッチメントの使い方 災害時に備えて らくらくミルク アレンジレシピ 明治ほほえみ 明治ほほえみの特徴 明治ほほえみの使い方 商品情報 混合栄養にする時は? ほほえみクラブ 明治ステップ LANGUAGE Japanese English 简体中文 繁體中文 한국어 Português Tiếng việt ภาษาไทย × --> 公式アカウント一覧 お問い合わせ サイトマップ 個人情報保護について ソーシャルメディアポリシー ご利用規約 アクセシビリティへの対応方針 DX戦略 明治ホールディングス株式会社 Meiji Seika ファルマ株式会社 Copyright Meiji Co., Ltd. All Rights Reserved.

f1スポーツ プレイワールドカジノ徹底解説!安全性や口コミ・評判をご紹介 188ベッド サッカーメジャーリーグ
Copyright © The Paper All rights reserved.